@yuichirominato 2018.12.10更新 269views

Pause + Quenchで量子アニーリングの量子ボルツマンサンプリング

アニーリングスケジュール サンプリング シミュレーテッドアニーリング ボルツマンマシン 量子アニーリング 量子ボルツマンマシン

アニーリングスケジュールを操作して様々な量子状態をとりだそうという取り組みが主にD-Waveによって行われています。スピングラスシミュレータとして、アニーリングした途中の特定の熱平衡状態に落ち着かせて、最終的にquenchで状態を確定します。多分理想的にはquenchはなしでやりたいんでしょうけど、横磁場は0にして取り出さないといけないと思いますので、シミュレーションと違って、少し結果はずれそうです。 スピングラスシミュレータやボルツマンサンプリングに応用できそうです。下記の論文では、8*8*8の三次元イジングモデルをこのpause+quenchによってシミュレーションして再現できたということで、新しい量子アニーラの使い方を提案しています。 […]

記事を読む

@yuichirominato 2017.12.03更新 387views

量子アニーリング、イジングモデルとフレームワーク

QUBO イジング シミュレーテッドアニーリング 量子アニーリング

はじめに 最近は従来型のユニバーサルゲートモデルと呼ばれる量子コンピュータの他に、カナダのD-wave社のような量子アニーリングモデル、またNTTの量子ニューラルネットワークのようなイジングマシンもできてました。また、富士通のような従来型の半導体技術を使用してイジングモデルを解くようなマシンも出てきています。これらイジングモデルは同一のフレームワークで動く事実上のデファクトスタンダードのような規格があり、それを理解することでイジングモデルのアプリケーションの開発やハードウェアの開発などを理解することができます。 […]

記事を読む

ブログトップへ Wikiへ移動

量子コンピュータ一般

量子ゲートアルゴリズム

量子アニーリング一般

量子アニーリングアルゴリズム

BlueqatSDKの使い方