@yuichirominato 2018.11.23更新 674views

量子コンピュータソフトウェア企業Zapata Computingの概要とサービスをみる。

zapata ザパタ 量子ゲート 量子コンピュータ

特定の分野に強い量子コンピュータのソフトウェア企業にも世界のスーパースターが集まっています。量子化学計算、機械学習、ニューラルネットワーク、エラー訂正などに取り掛かっているZapata Computingを見てみたいと思います。

Zapata Computing
https://www.zapatacomputing.com/

概要

マサチューセッツ州ケンブリッジに拠点を置くZapata Computingは、量子化学、機械学習、セキュリティ、およびエラー訂正のためのアルゴリズムを開発する量子ソフトウェア、アプリケーション、サービス会社です。

私たちは、量子コンピューティングソフトウェアとアルゴリズムを開発し、業界で重要な問題を解決しています。私たちのオフィスは、マサチューセッツ州ケンブリッジにあるMITのスタートアップインキュベーターであるThe Engineにあります。ザパタコンピューティングは、2017年にハーバード大学からスピンアウトされました。

所在地:
501 Massachusetts Avenue
Cambridge, MA, 02139
USA

Googleとの取り組み

Zapata Computing Teams Up With Google on Quantum Computing
https://www.businesswire.com/news/home/20180718005260/en/Zapata-Computing-Teams-Google-Quantum-Computing

GoogleがCirqと呼ばれる量子ゲートのNISQ向けのフレームワークを提供しています。それに参加してニュースになっています。

チーム

チームもすごいです。なにより世界的な量子化学のスーパースターAlan Aspuru Guzik先生が参加しています。先生は現在世界的にどのゲートマシンも利用している量子変分法のVQEというアルゴリズムを開発しました。もともとハーバード大学所属で、最近カナダのトロント大学に移籍しました。

VQEについて

ざっくりこっちに
http://blog.mdrft.com/post/456

まとめ

すでに実績バッチリのチームなんで、革新的なアルゴリズムやソフトウェアを量産しそうです!再注目スタートアップであることは間違いありません!

Recommended


Wikiへ移動