@yuichirominato 2018.11.24更新 181views

耐量子コンピュータ暗号およびセキュリティに関するレポート

ECDSA RSA shor 位相推定 暗号 素因数分解 量子ゲート 量子コンピュータ 量子フーリエ変換 離散対数問題

はじめに 量子コンピュータが完成すると暗号が解けるという懸念があります。これは主に、量子コンピュータを利用して位相推定アルゴリズムと量子フーリエ変換を組み合わせたShorのアルゴリズムのことだと思います。主に暗号のベースとなる素因数分解や離散対数問題が解けるという理論的な話がベースになっていると思います。 原理的に問題が解けてしまうのでは仕方がないので、その対応として現在考えられているのが次世代の暗号や通信などです。耐量子コンピュータ周りの動向を確認してみたいと思います。 […]

記事を読む

ブログトップに戻る

Recent Posts